〜正社員採用成功事例〜

【配送業 O様】

▼状況
「dodaは事務さんの採用に強い」という口コミからお問い合わせいただきました。
ご相談を受ける中でドライバーの採用も難航しているという話をお伺いし、ドライバーさんと事務さんの採用を同時にお任せいただきました。

▼課題
①現状の採用市場ではドライバーが不人気職種で、応募数が少ない。
②事務は応募が一定数あるが、選別に時間がかかる。また、あまり良い人が取れない。

改善その1~ドライバー職~

職種名を変更し、過当競争となっているドライバー採用市場以外の市場から採用を行う。

現状のドライバー職の人材採用は他の職種に比べてもかなり難しい状況になっています。
お客様に職種内容を詳しくお伺いすると、会社ではドライバーと職種を定めていましたが、実際の内容はルートセールスの側面がありました。今回ご掲載のdodaも営業職での掲載が問題ないと確認が取れた為、あえて職種名をルートセールス職にしてご掲載頂きました。

仕事内容は正直に、より具体的に記載しました。また、「配送ノルマはあるが、営業ノルマはないこと」「受注は行うが、営業は積極的に行う必要はないこと」などを訴求しました。

改善その2~事務職~

応募の時点で、手間をかけずに良い人を選別できるような仕組みを作る。

dodaでは求職者が応募した際、自動返信メールを送信することができます。
その自動返信メールを使って、「PCで、A4の用紙に自己紹介資料を作成し、レターパックで送付してください。」という課題を設定しました。
この時点で、お客様からご要望があった希望募集条件である「ちゃんと指示に従える人、パソコン操作に抵抗がない人」のスクリーニングを行いました。

課題の意図としては…
1、「A4の用紙」「レターパック」という簡単な指示を守れるか
2、PCで資料作成ができるか
3、課題を行う程度の本気度はあるか
以上の3点を測るものです。

結果

応募採用
ドライバー10件3名
事務4件1名

 

 

 

▼ドライバー

営業の中でもルートセールスが人気職ということもあり、前回他媒体で掲載を行った時と比べ、応募数が5倍となる驚異的な結果になりました。
仕事内容は正直に記入している為、入社後のギャップは少なく、離職率も低く抑えることができました。

今回は視点を変更し職種名を変更しましたが、ドライバー職種のままでの採用成功事例もございますので、是非ご相談ください。

▼事務

課題を設定することで、採用担当者様の時間を取ることなく、優秀な人材のリストを作成することができました。
もちろん課題を設定したことで前回より応募数は減りましたが、お客様から、「採用しなかった他の3名の方がもったいない」と仰っていただけるぐらい優秀な方の応募がありました。

 

その他、営業、事務、エンジニア、技術職、企画管理、販売サービス、施工管理等々…
採用成功パターンや工夫、また反対に、応募が来にくい打ち出し方等の過去事例をお持ちさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP